NEWS

PRESS

「TWINENGINE Conference 2020」にて映画「泣きたい私は猫をかぶる」出演者のコメントや新法人「EOTA(イオタ)」設立、オリジナルアニメ「クラユカバ」のクラウドファンディング始動など最新情報が続々公開!

本日開催された、ツインエンジングループの新作情報などをお届けするVRオンライン発表会「TWINENGINE Conference 2020」で、Netflixにて6月18日(木)より全世界独占配信が決定した、スタジオコロリドの最新作・映画「泣きたい私は猫をかぶる」の佐藤監督、柴山監督、主演の志田未来、花江夏樹が登壇し、作品にかける想いを語りました。また、これからのアニメ制作に向けたツインエンジングループの戦略や、新法人「EOTA(イオタ)」の設立に関する発表が行われました。さらに、オリジナルショート作品「クラユカバ」の新情報を公開。本日19:00よりクラウドファンディングが始動することが発表されました。
発表会の模様は、5月14日(木)まで、ツインエンジン公式YouTubeチャンネルで視聴できます。
【YouTube Live URL】 https://youtu.be/qhSUfsy4nrA

「今、自分たちができることは、作品を世に出すこと!」
スタジオコロリド 最新アニメーション映画「泣きたい私は猫をかぶる」
Netflixにて6月18日(木)より全世界独占配信決定!

『ペンギン・ハイウェイ』(2018)で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞し世界中に驚きを与え賞賛の声を浴びた新進気鋭のアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」が贈る長編アニメーション映画第2弾『泣きたい私は猫をかぶる』につきまして、新型コロナウイルス感染症の状況に鑑み、公開日延期の告知をしておりましたが、この度Netflixにて6月18日(木)より全世界独占配信が決定致しました。

【「泣きたい私は猫をかぶる」関係者一同からのコメント】
わたしたちは映画が大好きです。
『泣きたい私は猫をかぶる』は劇場用映画として作ってきました。
しかしながら新型コロナウイルスの影響で、
作品が予定通り劇場で公開できなくなっていく現実に直面しました。

失われていく日常の中で改めて気づかされました。
映画に込められた多くの人たちの夢や熱意に。
お客さんに観てもらえる劇場という場所の素敵さに。

それでも今自分たちができることは、
作品を世に出すこと、
作り続けることだと考えます。

映画『泣きたい私は猫をかぶる』は、
インターネット配信で作品を届けることを決めました。

世界が混迷している今こそ、エンターテインメントが必要だと信じて…

4月30日
「泣きたい私は猫をかぶる」関係者一同

配信情報
Netflixにて6月18日(木)より全世界独占配信決定
●予告編: https://youtu.be/09xWLILOhLQ
●作品ページ:netflix.com/nakineko

Netflixアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」 作品概要
●出演:志田未来 花江夏樹
小木博明 山寺宏一
●監督:佐藤順一・柴山智隆 脚本:岡田麿里
●主題歌:「花に亡霊」ヨルシカ(ユニバーサルJ)
●企画:ツインエンジン
●制作:スタジオコロリド
●製作:「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会
●公式サイト:nakineko-movie.com
●SNS
Twitter:@nakineko_movie
Instagram:@nakineko_movie


ツインエンジングループが新法人「EOTA(イオタ)」を設立!

ツインエンジングループは、新法人「EOTA(Engine of the Animation)」を設立したことを発表しました。
「EOTA」は、全世界配信向けの映像コンテンツから、ソーシャルメディアなどで手軽に楽しめるショートコンテンツまで、フレキシブルでどのような環境下でも作り続けられる柔軟性のある制作体制をグループに構築するため、各スタジオ・ユニットの大きな受け皿となります。
「EOTA」には、ポケットモンスターソード・シールドWEBアニメ「薄明の翼」を手がけ、映画「泣きたい私は猫をかぶる」の公開を控えているスタジオコロリドのほか、「ゴールデンカムイ」のジェノスタジオ、「荒ぶる季節の乙女どもよ」のLay-duce(レイ・デュース)、CG制作に特化した「Peakys(ピーキーズ)」といったスタジオが所属します。
さらに、今秋公開予定の劇場中編アニメーション「BURN THE WITCH」で監督を務める川野達朗が率いる「teamヤマヒツヂ」、スタジオコロリドにて多くの作品を送り出した新井陽次郎が設立した「FILMONY」、そしてデジタルツールでの作品制作をメインとした「daisy」など、小規模なユニットも所属。プロデューサーとクリエイターが開発段階からタッグを組み、強い企画を生み出すことを目指します。

動画配信ニーズの拡大により求められる作品性の幅が広がるなか、世界で勝負するための作品作りにはオリジナル作品が必須と考えております。オリジナル作品には個人クリエイターの尖ったセンスと、そのセンスを豊かな映像に作り上げる制作体制が欠かせません。
ツインエンジングループは今後、オリジナル開発の方法論として“ショート作品”の制作に注力してまいります。


オリジナルショート作品第1弾 「クラユカバ」本編制作を目指すクラウドファンディング企画が始動!
パイロットフィルムをYouTubeにて一般公開!

塚原重義監督作品「クラユカバ」の本編アニメーション制作を目指すクラウドファンディングをプラットフォーム・「MotionGallery」にて本日2020年4月30日(木)よりスタートいたします。

本作は「端ノ向フ」(第66回カンヌ国際映画祭:SHORT FILM CORNER出品)、「女生徒」(札幌国際短編映画祭大林宣彦審査員賞)など数々の短編アニメ作品を手掛けてきた監督・塚原重義初の長編アニメーション企画です。
クラウドファンディングの目標金額は2000万円。集まった支援金は、作品の細部設定の拡充や、アクションシーンのさらなるクオリティアップに使われる予定です。

【プロジェクトメッセージ】
コロナ禍でも、作品づくりを諦めない。

今、世界はコロナ禍で先行きの見えない状況が続いています。
しかし、そんな状況だからこそ、作品づくりの火を絶やしてはならないと私たちは考えています。
今回の本編制作の意思表明を以って、先行きの見えないアニメ業界に、再起の灯を掲げたいと思っています。

クラウドファンディング 概要
プロジェクト名 :コロナ禍でも、作品づくりを諦めない。塚原重義 監督・アニメ『クラユカバ』本編制作プロジェクト!
プロジェクトページ:https://motion-gallery.net/kurayukaba
募集期間 :2020年4月30日(木)19時~2020年8月27日(木)23時59分

また、本編制作を目指すクラウドファンディング開催を記念して、昨年Makuakeにて実施したクラウドファンディングを元に制作された「クラユカバ パイロットフィルム」をツインエンジンYouTubeチャンネルにて公開!
集団失踪の謎を追う主人公・荘太郎が悪戦苦闘する姿や、ディテールが施された装甲列車・装脚戦車のアクションシーンは必見です!音楽は成田旬さん、活動弁士の坂本頼光さんによる口上もぜひご注目ください!

「クラユカバ」パイロットフィルム YouTube公開ページ
https://youtu.be/9Knw37nT3ZE

アニメ「クラユカバ」作品概要
【あらすじ】
ウツツに夢見る街角の、奈落の闇の奥底で…。
誘われるは丸提灯、落ちるカゲこそご用心。
今や市井を恐怖に沈める、奇怪なウワサ・集団失踪。
それに挑むは我らが主役、与太者探偵・荘太郎!
そこに現る夜さりのマレビト、タンネ率いる装甲列車!
果たして、闇の軌道の果てに待つものとは。
”いいかい坊や、それ以上は行くんじゃナイヨ”
”クラガリを永遠に彷徨うことになるからネ”
淡きマドロの活劇浪漫、ここに堂々の登場!

【スタッフ】
原作・監督: 塚原重義 (「端ノ向フ」・「押絵ト旅スル男」ほか)
キャラクターデザイン: 皆川一徳 (「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」 /「マクロスΔシリーズ」ほか)
スペシャルアニメーター: りょーちも
CG・撮影監督: maxcaffy
美術設定/背景原図: ぽち
デザインワークス: アカツキ チョータ、けーぜ、石川剛史、カズノコ、キツネイロ、可否、七原しえ
アニメーション制作:マカリア
企画:ツインエンジン
【アニメ公式HP】 https://kurayukaba.com/
【アニメ公式Twitter】 @kurayukabaINFO


「クラユカバ」に続く、オリジナルショート作品第2弾 山元隼一監督作品 「ボクらのロケットはキミと青春成層圏をこえていく」を発表!

ショート作品企画第2弾・ 「ボクらのロケットはキミと青春成層圏をこえていく」
個人クリエイターとしてNHKや民放番組、舞台、TVドラマ、MVなど様々な分野でアニメーションを担当し、特にギャグテイストの作品に定評がある山元隼一監督による、ロケットの打ち上げを題材とした青春コメディです。

続報を楽しみにお待ちください!

BACK TO INDEX