NEWS

新着情報

TV アニメ「どろろ」 漫画の神様が遺した傑作が MAPPA と⼿塚プロダクションの⼿によって現代に蘇る!

お知らせ

2018.03.19

それは、産声さえあげられぬ⼩さな命の塊――

この度、ツインエンジンは、⼿塚治⾍原作による、未完の傑作漫画『どろろ』のアニメ化を決定いたしました!

「漫画の神様」⼿塚治⾍の遺した意欲作で、そのテーマ性と濃密なストーリーから幾度に渡りメディアミックスされてきた本作『どろろ』は、⻤神により⽣まれつき⾝体の 48 箇所を奪われた少年・百⻤丸(ひゃっきまる)が、失った⾝体の部位を取り返すためにどろろという名の少年と2⼈で妖怪を倒す苦難の旅をし、運命に⽴ち向かっていく姿を描いたストーリーとなっております。

また、本作は「ユーリ!!! on ICE」「この世界の⽚隅に」などで知られるMAPPA と原作者・⼿塚治⾍が拠点としていたことでも知られる⼿塚プロダクションの2社の共同で制作することも合わせて発表されました。

そして、今回の TV アニメ化を記念し、ティザービジュアルも公開!
墨絵で描かれたカラスが印象的なビジュアルは、本⽇公開のアニメ公式サイトにてご覧いただけます。
早くも公開された渾⾝のプロモーションビデオもアニメ公式サイトにて是⾮ご覧ください。
⼿塚治⾍が現代に問う意欲作、TV アニメ『どろろ』にご期待ください!

■基本情報

原作:⼿塚治⾍「どろろ」
制作:MAPPA/⼿塚プロダクション
製作:ツインエンジン
公式サイト:https://dororo-anime.com
公式 Twitter:https://twitter.com/dororo_anime
ティザーPV:https://youtu.be/_wPl0zCDpSc

 

■ストーリー

時は戦国時代、武⼠の醍醐景光は、天下を取るという野望をかなえるために、⽣まれて来るわが⼦の体を⻤神に与えてしまう。そうして⽣まれた⼦供は、命以外すべての⾝体を奪われており、川に流され捨てられてしまう。時は流れ、戦(いくさ)の世を旅する少年・百⻤丸。実は彼こそが、魔物に体を奪われた⾚ん坊の、成⻑した姿であった…