ANIMATOR

2019年度 新卒クリエイター職採用 アニメーター(デジタル作画/アナログ作画)

【社員インタビュー】

もっとデジタル作画の良さを知ってもらいたい

スタジオコロリド所属
デジタル作画 栗崎健太朗 さんにお仕事に関してインタビューに答えて頂きました。

Q 仕事内容を教えて下さい

コロリドでデジタル作画を担当しています。作画以外でも作画用のデジタルソフトのマニュアルを制作したり、教育係としてデジタル作画に関しての指導も行っています。

Q 今までに関わった仕事を教えて下さい

「陽なたのアオシグレ」から「ペンギン・ハイウェイ」などコロリド作品に初期から携わっています。
「陽なたのアオシグレ」で作品の後半に主人公が鳥に乗って電車に乗るヒロインを追いかけるパートがあるのですが、その表現や物量をこなすためにデジタル作画を導入しました。

最初に使ったスタイロスというソフトは幸いにも日本のアニメーションの作り方になぞらえられたソフトで、それまで手描きで作画していた自分や他のスタッフも手ごたえがありました。そこから「ペンギン・ハイウェイ」に至るまで、デジタル作画の経験を積み重ねてきました。

 

Q 仕事での「やりがい」と「大変なこと」をそれぞれ教えて下さい

デジタル作画を導入したり人に教える機会が増える中で、作品をつくる実感がより大きくなったことがやりがいですね。描いて出すだけではなく、描いた素材をいかに工夫すれば次のセクションの人が効率よく作業できるかを改めて考えさせられる機会が増えました。

指導する立場でも後輩から教えられることも多いです。

ソフトウェア開発が進んでいて、まだまだワークフローに進化の余地があるので、目を光らせなければならないのは大変なことではありますが、同時にやりがいも感じています。

Q 将来の目標を教えて下さい

デジタル作画で作品の実績を作り、コロリドでのワークフローに興味を持ってもらい、少しずつデジタル作画の人口を増やしていくことが出来ればと思います。

Q これからアニメ業界を目指すクリエイターへのメッセージをお願いします

動きを作ること、キャラクターを描くこと、お話を作ること、アニメーションは様々な要素で成り立っています。

まずは自分がアニメーションで何をするのが好きなのかということを、絵をたくさん描いたり、アニメーションを個人やグループ制作を通じて知っておくのは大切だと思います。

 

デジタルソフトは会社に入る前から必ず覚えておかなければならない訳ではありません。デジタルへのある程度の興味は必要ですが、会社によってソフトや使い方が異なるので、覚えることは入社してからでも大丈夫だと思います。ですが、デジタルソフトは紙を買わなくて済みますし、動画をすぐに再生できるので、実感やうやりたいことを叶えてくれるツールとしては最適かもしれません。業界に入る前に、アニメーションの楽しみを見つけておくこと、それが大切だと思います。

作品が出来上がった時の達成感

レヴォルト所属
動画検査/動画 小島知之 さんにお仕事に関してインタビューに答えて頂きました。

Q 仕事内容を教えて下さい

動画と動画検査をしています。僕は基本アナログでの作業ですが、今は主に動画検査をしながら空いた時間に動画をしています。
新人教育も行っていて、10人くらい新人が入ってきてくれたのですが、いよいよ研修期間が終わって7月から本番に送り出すというところです。

Q 今までに関わった仕事を教えて下さい

レヴォルトに来てからは、「Fate/Grand Order -First Order-」や「フリクリ」に携わっていて、その前は別の会社にいて、様々な作品に携わりました。

Q 仕事での「やりがい」と「大変なこと」をそれぞれ教えて下さい

やりがいとしては、作品が出来上がった時の達成感は作る側としてはありますよね。あとは原画さんの上手い絵を見るとモチベーションが上がります。レイアウトも上手いし、もちろん画も上手い。パラパラと見ただけでも凄いなと思います。よくこんなのを描けるなって。でもそのような上手い人の画を動画マンがしっかり受け継いで作業しないと、上手い人の画も台無しになっちゃうので、自然と力が入りますね。

大変なことは、やはり徹夜しないと終わらないような日もあったりすることです。でもそれは新人の時で、ある程度実力が付けば徹夜も無くなってはくるんですけどね。大変なのは確かですが、長くやっているといろんな作品に携われます。当時自分が好きだった作品の続編とか。好きな作品に携わって、クレジットに名前が載るのは嬉しくて、今でも続けている理由の1つになっていますね。

Q 将来の目標を教えて下さい

今、レヴォルトは新人教育に力を入れており、動画の新人の子たちを一人前にさせるのが僕自身の目標でもあり、そのまま会社自体の目標にもなっていると思っています。

Q これからアニメ業界を目指すクリエイターへのメッセージをお願いします

絵を描くだけじゃなくて、いろいろなことに興味を持ってもらいたいかなと思います。アニメーションは何もないところから画を描いていくので、体験していないとわからないこともあり、引き出しの多さで差が出てしまうんです。なので今のうちから様々なことを経験して、自分の引き出しを多く作って欲しいですね。それは自分にも言えることなんですけどね(笑)新人の子たちを教えていても、もっと良い言い回しができないかなとか、面白いことが言えればと日々葛藤しています。

【募集要項】

※2019年度の受け付けは、終了いたしました。

 

募集職種  アニメーター
業務内容

アニメーション制作に係る作画・動画業務 および それに伴う研修
※所属会社によって作業環境(アナログ・デジタル)が異なります。

募集企業

動画:レヴォルト/ジェノスタジオ/Lay-duce
デジタル作画(動画):スタジオコロリド/ツインエンジン デジタル部

応募資格 ●やる気があり、集団作業でのコミュニケーションに抵抗のない方。また、日本語でのやり取りに支障のない方
●作画職志望で且つ、2019年4月より作業が可能な、国内外の高校、大学、大学院、および各種専門学校を既に卒業または卒業見込みの方。( 学部・学科不問 )
●アニメーター経験者も応募可
 ※動画経験者、仕上げ経験者優遇
●性別不問
選考方法 ・一次選考 書類面接
 履歴書及びポートフォリオを希望する会社へ送付下さい。メール、郵送どちらでも構いません
・二次選考 面接・実技試験(作画試験)
 一次選考通過者に対しては担当者より個別にご連絡をさせて頂きます
※選考方法は会社によって異なる場合がございます

応募方法

書類送付先

応募の際は「2019_クリエーター職採用申込書」と「ポートフォリオ」を郵送またはメールにて、下記送付先までご送付をお願いいたします。

「2019_クリエーター職採用申込書」のダウンロードはこちら

 

ツインエンジン(グループスタジオ戦略室)
メール:recruit@twinengine.jp
郵送:〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目30番16号 MTCビル7階
担当者:宇田/高橋

応募締切日 2018年8月19日(日)必着
雇用形態 業務委託 ※研修期間(試用期間)有
契約期間 契約開始日より1年間、以降は面談による延長契約あり
※グループ内においては社員への登用実績もございます
月額報酬 固定報酬+作業出来高により算出
※金額には個人差がございます/固定報酬は採用各社によって異なります
※試用期間中は研修固定額での支給となります(金額は各社により異なります)
待遇 交通費支給
勤務地

スタジオコロリド      :東京都世田谷区赤堤
ツインエンジン デジタル部 :東京都杉並区荻窪
レヴォルト         :東京都西東京市田無
ジェノスタジオ       :東京都杉並区荻窪
Lay-duce             :東京都杉並区荻窪

勤務時間

標準労働時間8時間。休暇日等については作品スケジュールやスタジオ毎のルールに準ずる

採用人数 若干名